普通科 高・大一貫コース

学科の特徴

  • 静岡理工科大学で
    実験や研究に取り組む
  • 研究や実習と通じ
    モノづくりの楽しさを学ぶ
  • 受験に影響されず
    理工系の学習を
    深めることができる

静岡理工科大学

世界トップレベルの技術を誇り、モノづくりによって発展を遂げてきた日本。その中でも静岡県は優秀な技術者を生み、数多くの企業が世界を舞台に活躍しています。本コースが連携する静岡理工科大学は、理工分野における地域の研究機関としての役割も担い、創造力とチャレンジ精神を持った技術者を育成しています。モノづくりに携わりたい、未知のものを解き明かしたいという気持ちに応え、早くから地域社会に貢献する研究に触れ、大きな希望や具体的な目標を持って学ぶことができる環境をつくりあげています。面接のみで志望する学部学科へ進学でき、受験料・入学金の合計330,000円が免除されます。

理工学部

  • 機械工学科
  • 電気電子工学科
  • 物質生命科学科
  • 建築学科

総合情報学部

  • コンピューターシステム学科
  • 情報デザイン学科

大学院

  • システム工学専攻
  • 材料科学専攻
静岡理工科大学

成長プログラム

夏期実験講座

大学で使用されている実験装置や器具を活用しながら行われる体験型の授業が「夏期実験講座」です。グループに分かれて様々なテーマに沿って実験や製作を進めていきます。見たり触ったりしながら、原理や法則を体験し、理解を深めていきます。

出張講義

2年次には、大学の先生を講師として本校に招く出張講義が行われます。専門分野に関わる講義を受けたり調査を行ったりしながら知識を身につけ、受講後には講義の内容を整理してプレゼンテーションします。

研究開発に必要な理数科目重視のカリキュラム

未来の科学者・技術者を目指すため、数学、物理、化学の基礎学力を強化し、大学と連携した数学・理科のゼミで応用力をつけていきます。

大学講義

3年次には無料の送迎バスを利用して週1日大学へ行き、2限・3限の講義を受講して大学の単位を取得します。3限の講義では課題研究を 実施。前期は研究への取り組み方などを学び、後期からは自分で選んだテーマの研究を行い、その成果を発表します。

グローバル科学基礎

技術者に求められる科学の基礎知識と技術英語を身につけるためのカリキュラムが設けられています。科学的な題材をわかりやすい英語で表現し、親しみながらコミュニケーション力を高めていきます。

学習支援・進路サポート

・週1日放課後80分間の理数ゼミ
・モノづくりや実験を行う探究ゼミ
・問題解決能力、プレゼンテーション能力の習得
・専門分野を学ぶ大学での講座・出張講義